人間工学に合わせて、 M6からシャッターダイアルの向きが逆になったのはご存じの通り。

そして、ここにM5以前とM6以降に大きな谷があるのです。

M8、M9に慣れてしまうとフィルムを入れて持ち出すのは、まずM6かM7となり写真のようにシャッターダイアルが逆回転のMP3やM3は持ち出すのにとても勇気がいる。これは、別に露出計の有る無しに関わらない。(近頃、撮影に行くときは露出計を持って行くため)
そして、間違いなく何度も間違えてシャッターチャンスを逃します(笑

まぁ、外車と国産アチコチに乗り換えるとワイパーと方向指示器を間違えるのと同じかな。

逆に、M3やM4、M5を使い込んでいる方々は、この谷の橋を越えてこちらに来ることには躊躇があると思うのです。
(左からM9、M8、M7、M6、MP3)