未分類

久しぶりのフィルム現像

年明け早々、一月ぶりに12本フィルム現像をした。
ちょっと古い液が秘伝のタレのようにいいとされているが、さすがに今日使ったら一本目は眠い感じのフィルムになってしまった。酸化により現像主薬量が劣化し現像不足となってしまったようだ。
半分を作って入れ替えて残りの現像をした。しかし、今度からは横着をせず1ガロン16本を目安に確認しよう。ちなみに古い現像液でも時間を延ばせば使えるというのは間違っていて特性の異なる濃度とコントラストの立ち上がりになるそうで新しく作るにこしたことはない。

セレクトのためにフィルムをルーペでのぞいていると、様々な事をフィルムから教わる。やはりデジタルの後処理になれると全てが甘く雑になっている。構図や露出などひとつづつ丁寧に作業を積み重ねることがいかに大切で結果いい作品を形作るかを痛感する。まさに、「フィルムは語る」だ。明日からまた単体露出計を持ち歩こう。

関連記事

  1. 未分類

    F5.6

    本日創刊「F5.6」(エフ・ゴーロク)眺めているだけで写真が撮りたくな…

  2. 未分類

    T-SITE 蔦屋書店

    正規流通取り扱いのため取次の日本出版販売さんと蔦屋書店さんとの手続きの…

  3. 未分類

    CP+とかいろいろ

    CP+ にこの間行ってきた。CP+で触って試してきた機種は○FUJIF…

  4. 未分類

    神楽坂の予約困難店に行って来ました。

    神楽坂に住んでいる友人に誘われて、ビストロBOLTというカジュアルフレ…

  5. 未分類

    変わらないという事

    2006年12月に手に入れたM8ブラッククローム。相変わらず毎日のよう…

  6. 未分類

    暗室用品

    いろいろストックを開始。…

  1. iPhone

    台風一過 
  2. Leica

    ライカでグルメ写真
  3. Leica

    LeicaM7 a la carte
  4. iPhone

    tokyo grapher
  5. 未分類

    新暗室 No.3
PAGE TOP
Translate »