LeicaM9
Summicron-M 35mmF2
初期/8枚玉
JPEG出し

言わずと知れた銘玉。自分がM8と同時に初めて手に入れたライカレンズでもある。
この劇的な周辺光量落ちが中心に主題を置くとスポットを当てたように浮き立つ。
個体差が大きく、自分は黒の鏡胴のも持っているがもっとおとなしい。
あまり良くないと言われるときは好き嫌いが分かれるこの油絵のような後ろボケかな。

自分は勿論大好き。いいですねーこの周辺光量落ち。やはりソフトで落としたのとなんか違うんだよな。