金曜日にギャラリーEMに個展用の試し焼きを持ち込む。
竹内オーナーが自分の持って行った試し焼きを見てすぐに黒の飽和とセーフライトによるかぶりを指摘された。そういえば、暗室を作ったときにして以来かぶりテストをしていない(-。-;)
自分が使用しているRollei Vintage111は感度がいいのでSafelightの指定があることを教えていただき、同席していた永嶋氏にRollei Vintage111の能書を見せていただく。(上記、Kodak GBX-2, Ilford 906, Agfa R1, Osram Duka 50, etc.とある )

う〜ん、今なかなか入手困難なので、どう考えても個展には間に合わないなぁ。

本日暗室にてセーフライトのかぶりのテストを開始。確かに若干かぶっている。。。
サスガです…..

暗室にある4カ所のセーフライトを2個に減らして位置を調整。かぶりのないのを確認してから、いよいよ今日から本格的な作品作りに入った。
すでに、Digital Gelatin Silver Monochrome Printのシステムの検証のために丸5日費やしているだけあって、徐々に自分のモノになりつつある。道なき道に自分なりの道が出来上がりつつあり、とても楽しい。
あとは、追い込みの時にいくつか修正すればいいかな?という状態のものが何点か上がりだした。もう少し….

しかし、40.5×50.8cm(16×20インチ)の印画紙で焼き始めると透過ガラスの一部分に傷があることが判明。こちらもお盆を挟み、ギリギリなので最終的にはスポッティングかな?とにかく、注文だけはしておこう。

さてさて、どうなることやら….(^^;)今日は20枚ほど焼いて終了。