EXHIBITION

作品展

 

 

monochrome XX「Sports」

 
MASAHIKO INAGAKI
 
THE GAME
LeicaM Monochrome(CCD)+LEICA-M CARL ZEISS HOLOGON15/8
デジタルフィルム PICTORICO TX100
ILFORD FB Warmtone
Digital Gelatin Silver Monochrome Print
 
 
 
 
 

 
今回で20回目を迎えるモノクローム展が、2月11日より開催されます。

毎回テーマを設けてジャンルの異なる写真作家が集まり、銀塩白黒印画紙に仕上げたオリジナルプリントを展示しています。今回のテーマは「Sports(スポーツ)」です。

Sports(スポーツ)とは、一定のルールに則って勝敗を競ったり、楽しみを求めたりする身体運動のことである。ただし身体運動が主ではない場合でも、マインドスポーツやモータースポーツなどのように、少しでも身体運動を伴った競技性のある活動をある種の"スポーツ"として認めるように主張されることもある。特に近年では複数のプレイヤーで対戦されるコンピューターゲームをeスポーツ(エレクトロニックスポーツ)と呼び始めるようになった。これらと対比して、身体運動が主であるスポーツをフィジカルスポーツと総称することもある。モノクローム展に参加される写真家の皆さまは様々なジャンルの方々がいます。固定概念にとらわれない独創的な発想で撮らえた40名の写真家の「Sports」作品をオリジナルプリントで展示致します。

 
会場:ギャラリーE&M西麻布
開期:2020年2月11日(火)〜3月7日(土)
時間:12:00〜18:00(日・月曜日休館)
住所:東京都港区西麻布4-17-10電話:03-3407-5075
 
主催:モノクローム展実行委員会協賛:オリンパス株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、スリーエー株式会社、株式会社ピクトリコ、KN-PHOTO協力:ギャラリーE&M西麻布後援:DGSM Print Consortium 
 
参加写真家(五十音順)
浅田隆一郎、稲垣雅彦、エドワード・レビンソン、織作峰子、加藤法久、加納 満、亀山 仁、木村直人、桑原史成、小菅琢哉、酒井久美子、佐藤 理、佐藤 真、鈴木英雄、大門美奈、髙橋俊充、多木和夫、竹内英介、達川 清、谷 雄治、陣 亮、中川十内、中島秀雄、中道順詩、永嶋勝美、長濱 治、南雲暁彦、沼田早苗、ハービー・山口、HASEO、英 伸三、BAKU斉藤、藤井英男、細谷秀樹、松田敏美、両角章司、山岸 伸、山口一彦、山田愼二、渡邉 肇

 

monochrome XIX「FineArt」

monochrome XIX「FineArt」
主催:モノクローム展実行委員会
会場:ギャラリーE&M西麻布
会期:2019年7月30日(火)~8月31日(土)
時間:12:00~18:00(日・月曜日休館/8月11日~19日は夏期休館)入場無料

 

21世紀美術館 2019

創造者たち 招待展示

2019年5月1日(水) - 2019年5月6日(月)
平成から令和に駆ける芸術家

monochrome XVII (17)

 主催:モノクローム展実行委員会
会場:ギャラリーE&M西麻布
会期:期間:2019年2月12日(火)〜2019年3月9日(土)
時間:12:00〜18:00(日・月曜日休館)入場無料
住所:東京都港区西麻布4-17-10
電話:03-3407-5075
協賛:オリンパス(株)、キャノンマーケティングジャパン(株)、AAAコーポレーション、(株)ニコンイメージングジャパン、(株)ピクトリコ、ギャラリーE&M西麻布、KN-PHOTO
後援:DGSM Print Consortium


 

 

蔦屋書店/湘南T-SITE

稲垣雅彦作品展 
ContactSheet/コンタクトシート

現像液にバライタ紙を浸し浮かび上がってくる映像に、その地を訪れた時の、陽射し、風、匂い、そして食べ物や笑顔までもがフッと浮かび上がってくる。
コンタクトシートに赤えんぴつで丸を付けるように選び出した今回のスナップショットはいわゆる私の歩いてきた大切な旅の記憶の断片であり20カ国を巡る物語でもある。
 
全作品、デジタルカメラで撮影後、フィルムにおこして暗室でバライタ印画紙にていねいに焼いたクロスプロセス(DGSM)という手法で銀塩プリントにて仕上げております。プリンターでは絶対に味わえない銀塩プリントならではの表現力と美しさの珠玉の仕上がりをぜひご覧下さい。全20点を展示。
 

APA AWARD 2017

第45回公益社団法人日本広告写真家協会公募展

■募集テーマ : 『美・HAPPY』/世界平和のために
 
場所:東京都写真美術館
(東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内)
日時:2017年3月4日(土)~3月19日(日)
[開館]10:00~18:00  [休館]月曜日
■入場料 一般500円/学生(高校生以上)65歳以上 300円/中学生以下 無料
■図録 両部門の作品を掲載した『年鑑日本の広告写真2017』が制作販売
■主催 公益社団法人日本広告写真家協会・東京都写真美術館
■後援 経済産業省・文化庁・東京都
■表彰式  東京都写真美術館


 

APA AWARD
 受賞作品

 

 
湘南スタイル
「あぁ、ここあそこだ」と思うシーンがいくつかあり、すでになくなってしまった風景で皆様の記憶が呼び覚まされ、 懐かしい物語に繋がれば幸いです。 
  
*全作品、デジタルカメラで撮影後、フィルムにおこして暗室でバライタ印画紙にていねいに焼いた クロスプロセス(DGSM)という手法で銀塩プリントにて仕上げております。 
プリンターではなかなか味わえない銀塩プリントならではの表現力と美しさをぜひご覧下さい。 

主な作品展 2012〜2019

 
2019
monochrome XIX(19) ”Fine Art”ギャラリーEM西麻布
金沢21世紀美術館
フランス・パリ20区・マレ地区ギャラリー”galerie JOSEPH minimes”公募展
審査委員特別賞

 
 
2018 
monochrome XVII (17)”Documentary”ギャラリーEM西麻布 
monochrome XVI(16)”Landscape”ギャラリーEM西麻布
蔦屋書店・湘南T-Siteにて稲垣雅彦写真展
 
2017
monochromeXV (15) "Still Life"
東京都写真美術館 APAアワード2017展
monochrome XIV  (14)  "Shadow"
フジフィルム フォトサロン大阪にてAPA新入正会員展/関西展

2016
リコーイメージングスクエア新宿にてAPA新入正会員展/東京展
個展「ContactSheet」Masahiko Inagaki Snaps ギャラリーEM西麻布
monochrome XIII (13)  展 『Nostalgie』 
monochrome XII (12)  展 『River "川"』
 "MODE" APAアワード2016/第44回公益社団法人日本広告写真家協会公募展
広告作品部門入選 
 
2015
monochrome XI (11) 展『 Portrait 』
monochrome X (10)展 『My Best One 』
 
2014
monochrome IX (9) 展 『night…夜 』
Collection展 ギャラリーAAA
 
2013
 monochrome VIII (8)展『Rain ... 』
 monochrome VII (7)展 『Snapshot "flaming 2:3" 』
 
2012
「SURF & BEACH」個展 ギャラリーEM西麻布
 第五期 東京銀塩写真クラブ写真展
 

2009〜2011

 

東京フォトソサイエティ(TPS) 写真展
フォビオン展 /帝塚山
 
 
EIZO ガレリア銀座SIGMA50周年記念公式写真展
第一期〜第四期  田村彰英主催 東京銀塩写真クラブ写真展
第4期〜第7期  田村彰英主催 SILVER SALT CLUB写真展
COSMOS展
 


・2009〜2011 写真家田村彰英氏に師事/東京銀塩写真クラブ創業メンバー

・2012 写真家永嶋勝美氏にDGSM(デジタル・ゼラチンシルバーモノクロームプリント)システムを師事
・京都造形芸術大学大学院中退