LeicaQ

先日のライカQの発表会の後、熟考したすえ数台のカメラを手放しLeicaQを手に入れた。
決め手は
フルサイズ最速AF
最高シャッタースピード1/16000
手ぶれ補正機能
Wifi機能
クロップでの35mm、50mmでの画質
撮影最短距離17センチ
そしてタッチスクリーン

今まで、全てのメーカーにおいて「帯に短し襷に長し」だったものがLeicaQには全て詰まっているから。

9ヶ月前に就任したCEOオリバー・カルトナー氏がナイキ、マイクロソフト社を経ていることに関係しているのだろうか?
M8の時と同じようにある種の衝撃を感じた。

これにより、ますます所有カメラの断捨離が進む予感。
いや、それこそ各マウントを一気に整理出来ると確信している。
次期、ライカMはそれこそ素晴らしい製品に仕上がってくるあろうことを夢見て。

今週末から、作品作りを始めているが、果たしてQの出番はあるだろうか?