ようやく手に馴染んできたSIGMAfpにSHOTENアダプター+Summilux-M21mmF1.4を装着してブラブラと近くを散歩してみた。

カラーは人気のティールアンドオレンジ

この21mmレンズはライカデジタルWOLDで記事を書いているけれど銘玉です。

SIGMAfpはボタンの割り当てが出来なかったり少し不満もあるが絵の質はライカに負けない上質な映像を映し出す。この次にブラッシュアップされたら相当いいカメラに、いや価格からすると唯一無二のカメラになる気がする。

こういうウエットな湿感のある絵はライカ以外ではなかなかないのではないだろうか?

ダイアルの軽さやシャッター回り、AFのフレームの移動など少しずつブラッシュアップして欲しいが、何度も言うけれどこの価格でこの良質なカメラを手にできるのはやはり素晴らしい。

これからもSIGMAfpの記事はアップしてきます。