予約してから10ヶ月近く経ったライカ アポ・ズミクロンM f2/35mm ASPH. / LEICA APO-SUMMICRON-M f2/35mm ASPH.が入荷したとの連絡がライカ銀座店から連絡があり、今日取りに行ってきた。

このレンズは撮影最短距離が30cmから撮れる。まさにライカの長い歴史の中で70cm以内が弱点だったM型ライカの長年の寄れる「夢のレンズ」と言っても過言ではない。しかも超コンパクト。これを実現したフローティングシステムが素晴らしい。

0.7Mのところでヘリコイドに当たりがあり、そのまままわすと0.3Mまで回る。0.3〜0.7はライブビューでのピント合わせになるのでフィルムライカでは近接は使用できない。

実際、使って見るとグルメ写真まで何でも撮れてしかもれっきとしたライカの血統を持つ湿感のあるいいレンズだと思う。ほんの少し樽形収差があるかな?アポクロマート補正は昨日の数ショットではまだ実感できなかった。

自分は50mmはアポズミよりズミルックスが好きで持ち出す回数は圧倒的にズミルックスが多い。理由はF1.4をF2に絞った時の描写が好きなのとイザという時に開放が一段明るいのがアドバンテージがあると思うから。

あとズミルックスのほうがトンネル効果もありドラマチックな絵になるのでポートレート撮影でも多用する。

アポズミはとても優等生なレンズですが、こればかりは何を撮るかと好みですね。あと装着した時の雰囲気もライカ好きなら好き嫌いがあるのでは?

現在、使っているSummilux-M35mmF1.4 ASPHERICALは使い込んで絞りリングもピントリングも擦れてボロボロ。ディーラーで3回、匠のところで2回オーバーホールに出している。そろそろ、大切に使って行きたいと思っていたが今回のアポズミは普段使いに活躍してくれそうな予感がする。ズミルックスはこのアスフェリカルと現行が好き。











「アポズミ2/35をヘリコイド付きマウントアダプターでLeicaSL2に装着するとどうなるんだろう?」と素朴な疑問
と試してみた。アポズミクロンを撮影最短距離の0.3mに合わせてヘリコイドも最も近距離のF2で撮影してみた。

0.15mくらいまで寄れる感じだ。

まだ、半日しか経っておらず、銀座は緊急事態宣言が解除されたばかりの週末で歩行者天国のこともありすごい人出だった。
コロナ以前より混んでいる感じで、楽しみにしていたレンズの試写はあまり出来ず。

時間もずれてどこもランチの時間は終わってしまっていたので「みかわや」に。ここはよく小さい頃から家族で来ていたので良く知っている。

さすがに時間的に誰もおらず、大好きなビフカツとワインを頼んでこのレンズを手に入れたのを祝して乾杯。自粛が続いてまだ復刻ノクティルックスもあまり使っていない。県をまたいで旅行が出来るようになったら、じっくりと使い込んでいきたい。